« 秩父郡皆野町 | トップページ | 移動ではなくドライブ・・ »

2011.11.02

またANT

Ants
 小さくて目立たない430MHzのアンテナが欲しくて作ってみました。写真(左)は以前作った、1/4λボールペン軸ホイップです。JA1HWO局さんのHPの製作記事を参考に作りました。調整はコイルがちょっと長かったので切り詰め、433MHzでSWRが1.1くらいですんなり出来ました。
 写真(右)が今回作ったアイソトロンアンテナ(全長10cm)です。JF1MHN局さんのHPの製作記事を参考に作りました。MHNさんに叱られそうな出来ですhi。理屈は分からず、テキトウですから出来た時に438MHz付近でSWRが1.1くらいでした。そこで、容量冠を5mmほど長くして、コイルを上部を密にしてみたら435MHz付近でSWRが殆ど振れないようになりました。
431MHzで1.5、433MHzで1.1、434MHzで1.05で帯域幅が広いです。有り合せの材料で突貫工事ですから、これで良しとしますですhi。パワー計で見ると438MHz付近が一番パワーが出るけどSWRは2でした。どういう関係か?。簡易SWR計しかないのでこれ以上の調整は無理です。
しかしハンダ付けが難しいーー。何で付かないんだーーーって焼きすぎか。

明日は受信の具合をみてみようーーと思います。

|

« 秩父郡皆野町 | トップページ | 移動ではなくドライブ・・ »

コメント

おはようございます。アイソトロンがアンテナ素晴らしい出来で、オリジナリティーがありますね。多くの人に紹介し、広めてください。いかのURLにリンクを貼りました。http://koedokawagoe.web.infoseek.co.jp/s_jf1asuto.html

投稿: 冨田 | 2011.11.05 06:40

冨田さん、お早うございます。
いやあー、恥ずかしいですね。アイソトロンアンテナの名を汚すような出来で、すいません(^^ゞ また時間があったら丁寧に作ってみようと思います。
 小さいのに帯域幅が広いのには驚きです。小さくて可愛くて気に入ってます。
 まだこのアンテナでは未交信です。今日あたり交信してみます。

投稿: toku | 2011.11.05 07:25

容量冠の下部とコイルの上端付近にマイナス側の棒の先を近づけて調整すると市販アンテナのRH-770の性能に近づきます。障害物には弱いですが3波長程給電点を上げるとかなり電界強度が期待できます。

投稿: 冨田 | 2011.11.05 07:38

冨田さん、了解です。そうですね、容量冠の方にマイナス側の棒を近づけるとSWRが下がる傾向には気付きました。ただ、棒が3mmの銅棒なので曲げるのに苦労しました(^^ゞ 力を入れるとコネクタとの半田付けが取れそうになり、この程度で止めましたhi。

投稿: toku | 2011.11.05 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86549/53145884

この記事へのトラックバック一覧です: またANT:

« 秩父郡皆野町 | トップページ | 移動ではなくドライブ・・ »