« 所沢市にて(追記) | トップページ | 湯2614 »

2016.08.04

ナイフ

Syuuhuku_knife_3 何の作業に使うのかと云うと、土器の復元作業で発掘された土器をジグソーパズルのように接合していくのですが、どうしても無い部位があります。そこには石膏を流し固め、その部分を補います。その石膏を周りの形状に合わせるために削ります。その削る作業に使うのがこの道具です。
 土器のカーブに合うように刃を曲げています。市販にはこの様はナイフは有りませんので自作するしかありません。一般的には肥後守の刃を曲げているようですが、私が曲げていたら折れてしまいました。肥後守も買えば高いので、百均にある洋食用のナイフで作ってみました。ステンレスで硬いのですが、根性で曲げました。それとバターナイフでも作りました。これは小さくて使い易いようです。ただ刃先をヤスリで削り、ある程度鋭くしないと綺麗に削れません。

ヤスリ掛けで大汗掻きました。。ただ、私の本業では使いません。

 ちなみに、持つ部分は同軸ケーブルの外被です。10D、5Dです(^^ゞ

<<ネタなし>>

|

« 所沢市にて(追記) | トップページ | 湯2614 »

コメント

縄文文化にふれているのでしょうか。凄いですゥ!

投稿: 無酒苦人 | 2016.08.06 07:39

無酒苦人さん、GM。
Xの商売なんです。発掘から土器復元までやってます。今日もこのくそ暑い中、炎天下で発掘してます。その影響で昔、縄文土器を粘土こねから始め、形を作り十分乾燥させ野焼きして作ったことがあります。十分乾燥して焼かないと割れてしまいます。折角作ったのに発掘された土器みたいにバラバラになった人もいました。何か作ってる時はどんなものでも楽しいですね。
今日も暑いです。FBに!!

投稿: toku | 2016.08.06 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所沢市にて(追記) | トップページ | 湯2614 »