« ふじみ野市でCAS-4B | トップページ | さいたま市西区・端 »

2018.01.19

SAT運用(追記あり)

 ネタがないので・・・。

 移動時の私のSAT運用スタイル。
(超・大雑把なアニメ)
 Sat_qrv_bgr3

 アンテナはモビホでも出来るのですが、このスタイルで固まってしまいました。。
 周波数は常にドップラ効果で変化していきます。それに合わせて周波数ダイヤルを調整しながらの運用です。パドル操作(SSBでも可)、コールサインと時間をメモ、衛星が動いて行くのでアンテナ方向を衛星の動きに合わせて動かします。1回の衛星で交信可能時間は10数分です。なので結構忙しいですね。PCを使い衛星の自動追尾システムや周波数の自動調整システムもありますが、先立つものがないので、全て人力です(^^ゞ
 まぁ、人力も面白いですhi。。でも何年もやってますが、難しい!。。最近、運用できる衛星が多く、1日何度も楽しめる時間が増えました。VU帯の直接波では交信不可能な距離の局やDX局からも呼ばれます。宇宙規模のロマンですね。。
 興味がありましたら、ぜひチャレンジしてみてください。

ー・・・ー
追記:
このアニメは送信周波数を固定、受信周波数はドップラによる周波数変化に対応して調整するタイプです。
逆に、受信周波数を固定、送信周波数をドップラによる周波数変化に対応して調整するタイプがあります。
衛星によりタイプは違いますが、多くは後者の方です。私の知ってる範囲では(^^ゞ

良く見ると送信周波数固定のFO-29の場合でも、何か間違いがあります。分るでしょうか??

|

« ふじみ野市でCAS-4B | トップページ | さいたま市西区・端 »

コメント

テレコミュニケーションなので、「てれこ」!?

投稿: WSZ/1 | 2018.01.20 22:12

WSZ/1さん、GM。
正解です!
FO-29は送信145MHzなのにアンテナは435MHzのアンテナに繋がってます。同軸をテレコにしてアンテナに繋がないといけないですね。。たまに実際やっちゃいます(^^ゞ

投稿: toku | 2018.01.21 07:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふじみ野市でCAS-4B | トップページ | さいたま市西区・端 »