« 伊香保 | トップページ | 桜区PK125 »

2018.12.02

土器焼成(また追記あり)

2018_dokisyousei

 縄文土器の焼成をやるという情報で見学に行ってきました。
 焼成は最後の仕上げとなる作業です。縄文土器は粘土と川砂を混ぜてこね、土器用の粘土を作ります。それを輪積みにして形を作りあげます。そして柔らかいうちに外面に文様をつけ、半乾きで内面を磨きます(水漏れ防止)。その後、約1ヶ月ほど乾燥させてから焼成となります。私も20年くらい前に獣面装飾付土器をモデルに製作したことがありますが、テキトウな性格なので出来はイマイチでした。。現在は壊れてしまい廃棄処分になっています(^^ゞ

 今日の写真
Syousei1Syousei2Syousei3Syousei4_2Syousei5Syousei6

 焼成の途中、割れる事がありますが、今回割れた土器は無かったようです。良かったですね。

 写真が並ばず見づらいですね。。sri
-・・・-
追記
縄文時代の料理を頂きました!!
Doki_ryouri

追記2
私が作った実物大の獣面装飾付土器は有りませんが、これは有りました。
Mini_doki


|

« 伊香保 | トップページ | 桜区PK125 »

コメント

tokuさん、こんばんは。
あ~懐かしい。
実は今から遡る事30数年前、高校の部活で縄文土器を作った事があります。
最近私は無線は開店休業状態ですが、またお会いできればと思っています。
それではまた。

投稿: Katsu | 2018.12.02 22:38

Katsuさん
縄文土器を作ったことあるんですね。焼成の時はドキドキですね。割れないよう祈ったものです。昔、5年くらい毎年土器作りに参加してました。懐かしくて見学に行きました。

無線の方は、寒くなるので移動もなかなかです。近場で相変わらずのプチ移動ですね。また4649で~す!。

投稿: toku | 2018.12.03 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊香保 | トップページ | 桜区PK125 »