旅行・地域

2014.08.05

上高地・乗鞍

 猛暑続きなので、涼しい所に行ってきました。写真のみです。

 大正池:有名な所ですが、私は初めてでした。天気がイマイチで高い山には雲が掛かって見えません。
Kamikouti1
 
 河童橋:旅行のパンフレットによくあるような写真になっちゃいました(^^ゞ 平日でも観光客が多いですね。
Kamikouti2

 乗鞍山頂畳平(標高2702m) お花畑:雲の中で遠くは全く見えず。気温8度で寒いくらい。
Norikura1

 クロユリ
Norikura2

 コマクサ
Norikura3

 他に霧ケ峰と美ケ原高原と回ってきました。涼しくて気持ち良かった! 帰ってきたらまた猛暑・・・。

| | コメント (4)

2013.03.04

宮島

Miyajima
 今回も激安ツアーで旅をしてきました。1泊2日で秋吉台、萩、津和野、宮島を回ってくるというの強行軍です。
 土曜日早朝の飛行機に最寄駅の始発では間に合わないので、京浜東北線の北浦和駅までタクシーを予約して行きました。羽田の集合場所には十分余裕をもって到着出来ましたが、タクシー代が高い(^^ゞ。
 出発は7:25、小振りの飛行機(B737-800)でしたが、大きい揺れもなく山口宇部空港に無事到着。飛行機はやっぱり苦手です。タイヤが着地するホッとしますhi。
 到着後はバスで早速秋吉台へ。後は順に写真で・・。有名な所なので、皆さん行ってると思いますが、自分は初めてです。

 秋吉台(日本最大のカルスト台地)に到着すると、雨、風に雪混じり。寒い寒い・・なのでゆっくり見れずでした。地面が黒いのは先週野焼きをしたと言う事です。この広大なカルスト台地が真っ赤な炎に包まれ幻想的な景色になるのを見たかったですね。
Karst_daiti_2

 次は秋吉洞。ここも有名ですね。
Akiyoshidou_2
 
 次は、萩市までバスを吹っ飛ばして武家屋敷散策です。ここも天気悪くて、時折みぞれ混じりの冷たい風が吹きました。
Bukeyasiki_2

 この辺りは、特に興味がないですね(^^ゞ 散策中、某局の中継局があり、大きなアンテナがありました。アマ無線のアンテナは分かりませんでした。景観的に立てられないのか?です。
Nhk_ant_2

 次は、松陰神社。吉田松陰を祭神とする神社ということです。特に写真はなしです。
特になしじゃ悪いので。。
Shouin_jinja

 途中、萩焼会館に寄り、萩焼を見てきましたが、見ただけで買いませんでした。理由は一つ・・。
Hagiyaki_2

 これで1日目終了。ホテルの夕食も謳い文句でしたが、期待はずれ。いつもですけど、激安だからねぇ~。

 翌日も早朝出発(7:45)。天気は晴れ、風もありません。津和野まで、またバスを吹っ飛ばします。津和野も有名ですね。山陰の小京都らしいです。女性に人気とか。
 写真にはオジサンがいっぱい写っててイメージがちょっと違うかな(^^ゞ  ガイドさん付きで巡ってみました。
Tuwano1_3

Tuwano2_3

Tuwano3

Tuwano4

 次は宮島(厳島神社)。津和野から約1時間半くらいだったか。到着すると、流石に世界遺産の地、観光客の多いこと。日曜日でもあるし、次から次に連絡船(カーフェリー)に乗っていきます。
Miyajima0

Miyajima1

Miyajima2

Miyajima3

観光客の多いこと!
Miyajima4

カーフェリーでピストン輸送
Car_ferry

 帰りのカーフェリーで宮島口に到着し、バスまで歩いてると、相棒が見当たりません。あれっと探すと、別のツアーのグループに付いて行ってました。「オイオイ どこ行くの?」 気が付き、恥ずかしそうに戻ってきました。いつもの事です。
 帰りの飛行機は広島空港から。帰りも特に激しい揺れもなく無事に羽田に到着。そして帰宅。・・疲れたなーー。

 旅は楽しくて良し、帰宅して我が家が一番だとほっとして良し・・・ですね。

おまけ:見たくない人はクリックしないように。
Bgr_had

なぜか、小さくなりましたsri (^^ゞ

| | コメント (12)

2012.11.12

テキトウ佐渡旅日記

Okesamaru

 自分的未踏の地、佐渡に行ってきました。安いバスツアーなので、短時間の上、あちこち引き回されます。

 川越から新潟までの高速は割と空いてましたが4時間。これでもう疲れた!。新潟港からカーフェリーで両津港へ。船旅は2時間半。当初、地図を見て30分くらいだろと思ってましたが、意外と新潟ー佐渡って離れてるもんですね(^^ゞ。

最初は元気だったX殿
Kamome

 さあ出船のドラが鳴り動きだした。港内は全く揺れなかったのですが、沖に出るとかなりウネリが有って揺れ始めました。何かにつかまってないと、転んで飛ばされそうです。今日は特に揺れると聞きました。大きな船の揺れは気持ち悪いですね。ズシーーーンと上下斜めに大きく揺れます。下がる時は無重力状態です。なので船酔してる人が沢山いました。うちのXも酔って嘔吐しました。酒には強いんですが・・酔うと辛いですね。一刻も早く船から降りたい気持ちでしょう。しかしまだ後2時間あります。私は外房の荒海で鍛えたせいか、何でもありません。鍛えたと言っても、小さな釣り船で缶ビール飲みながら竿出してただけですけど(^^ゞ はい、釣れません!。
やっと陸にあがると、またバスに揺られます。

天気悪いけど虹を見れた。
Niji

Toki

 まずは、トキの森公園へ。トキは3、4羽しか居ないと思ってましたが、結構な数のトキがいました。トキに刺激を与えないようにと20mくらい離れた所から観察します。双眼鏡が置いてありました。写真を撮ると、トキにはピントが合わず、ケージの金網にピントが合ってしまいます。AFだと無理みたいです。細かい目の網が2重になってました。外敵の進入防止など考えてあるんでしょう。カメラのモードをMFにして撮りましたが、やっぱりボケてます(^^ゞ。
トキにはいろんな種類があるようです。クロトキとか詳しくは検索してください。

5junotou

 次は新潟県では唯一の五重塔。妙宣寺の五重之塔へ。この時代の事は興味ないというか難しい事はよく分からないので、ガイドさんの話は聞かず、いかに紅葉と五重塔を綺麗に撮るかだけでした。天気悪いのでイマイチです。天気のせいだけじゃない・・了解!。

Maoduru

 次は尾畑酒造へ。佐渡は酒造会社が多いと聞きました。おいしい水と米、新潟ですからね。ここは、その中でも有名らしいです。昨年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞したということです。それはさておき、試飲試飲!。何処でもそうですが、ほんの少しでしたhi。コップ1杯飲まないと味は判りません。私の場合、酔いの具合で判定しますhi。
 さて、この店には有名な人の娘さんが働いていらっしゃると聞いてたのですが、お酒が飲めると言う事ですっかり忘れていて、皇室献上酒というのが有ったので写真撮っておこうと店員さんに、写真撮っても良いですかと尋ねたら「はい」と言ったのでお酒を写真に撮りました。そしたら、傍に居たXから、あの人がその有名な人の娘さんよ。写真いいですかって・・まさかお酒を撮るとは思って無かったかもよ。と言われ。そうか悪いことしたなと反省(^^ゞ。よく見たらお父様に良く似てました。結局何も買わず試飲のみで失礼しました(^^ゞ

 次は、佐渡の食と芸能を楽しみました。佐渡おけさや伝統の踊り、獅子舞などを振舞酒や焼きイカ、牡蠣、カニ汁、お餅などを頂きながら鑑賞しました。食べ放題でないのが残念。
そんなこんなで、もう真っ暗。日が暮れるのが早いです。そしてホテルへ。

Yuuran

 2日目は、尖閣湾の景色を遊覧船で楽しみました。尖閣と言っても、最近ニュースで聞く尖閣とは違います。Xも半分勘違いしてたようでした。ここでは佐渡独特の荒波で浸食された断崖や岩を見て周ります。船室の空いてた左側の座席に座ったのが間違いでした。ガイドの説明してくれるのが右側に見える所ばかり。まあ右側にしか陸がないので当然ですけど(^^ゞ。右側に移動すると、船のバランスが悪いので、バランスよく座ってと・・んんん。
帰りは左側に見えるからと言われたが、帰りは端折った違うコースで説明もなしでした。次回は右側に座るべし。次回はきっと無いだろう。。
Sado_kinzan

 次は佐渡金山。手掘りで蟻の巣みたいに掘ってある。蝋人形でリアルに再現してあり、過酷な労働だったのが良くわかります。写真は撮らなかったです。資料館展示室には12.5kgの金塊(7cmX20cmX厚み4cmくらいか?)が透明アクリルの箱の中に置いてあり、手が入る直径10cmくらいの穴があります。その穴から外に出したら記念品がもらえると言うことでチャレンジしました。見た目は小さくても重い、やはり金です。手を入れても掴み上げられませんでした。僕の次の人は手の平に乗せられましたが、穴からはどうしても出せませんでした。力は有っても腕が太いとダメです。
 小学生の女の子が出した事があると聞きました。すごいなぁ。Xに期待しましたが、全然ダメ。欲があると金は余計に重くなるのかも知れません。
 佐渡金山は紅葉が綺麗でした。
Kinzan_momiji

 最後は大佐渡スカイラインの紅葉パノラマドライブです。佐渡ケ島のウエスト部分(一番細い部分)を一望出来ました。佐渡も大きいですね。紅葉は高い所は終わってましたが、低い所は見ごろでした。ただ、曇りだったので、色が映えないです。
Skyline_yori2

 これで佐渡とお別れ。また恐怖のカーフェリーに乗って帰ります。Xには酔い止めの薬を飲ませました。が、帰りは全然揺れなくて、お弁当、ソフトクリームなど食欲旺盛でした。

船に寄ってきて餌をねだるトビ
Tobi


一緒に旅した人たちとも、親しくなり、食事を一緒にしたり冗談を言い合ったりで楽しく過ごせました。一期一会の旅です・・。

X=妻です。(アマ無線やってない人のために)

Skyline_yori


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011.08.28

室堂から。

室堂から。
いい天気です。

ミクリガ池と立山
Murodoutaira_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.02.07

吾妻郡草津町

Yubatake0205_2

 3年4ヶ月ぶりの草津です。寒いのに激安飲み放題、食べ放題に釣られてです(^^ゞ。

 池袋からバスで出発。いろんな方々が乗ってきます。おばさんグループ、おじさんグループ(最近多くなった)、会社の同僚グループ、子供連れの若夫婦、年齢差が大きい夫婦(不倫か?・・羨ましいー)と老夫婦(私らはこの部類かな)。

 出発して4時間ちょっとでホテルに到着。途中、関越道で渋滞にはまり、かなり時間をロスしましたが車窓を楽しんでいたので退屈はしませんでした。到着後はお決まりの湯畑、西の河原を散策。お土産屋さんを覗き歩いた後は、草津の湯へ。源泉掛け流しのお風呂は気持ちが良いですね。

 夕食はバイキングで好きなものを食べ、飲むです。メニューは結構いろいろありましたが、やはり生ものはあまり無かったですね。まあ、それなりですが好き嫌いは無いので、しこたま食べました。飲むのは生ビールに日本酒。日本酒はお銚子が小さくて頼むのが面倒、もっとデカイ徳利ないのかって思いました。ノンベーですhi。

 食後は部屋で缶ビールを飲みながら、のんびり。9時半ころまたお風呂へ。誰もいません、大浴場独り占めです。でもここで倒れたら発見が遅れるな・・って考えてたら、湯気が天井からポタリと頭に・・♪「いい湯だな」を思い出しました。歌詞は背中にで、それも登別の湯でしたが、まあ草津の湯も出てくるのでいいでしょう。
倒れず無事に上がりました。飲んでお風呂は危険ですね。止めましょう。

 翌日は近くのスキー場に行ってみました。未だスキーをやった事がない私は雪のあるスキー場は初めてです。思ったより沢山の人が来てました。みなさん笑顔で楽しそうです。貸しスキーも有りましたが、ケガするのが落ちでしょうから止めました。
 残りの時間も近くの散策道を良い被写体はないかと歩きました。他にやることがないのでhi。運良く、初めて見る野鳥が2羽撮れました。あと露天風呂が有り、湯気の間に人が・・男湯でした。

草津は寒いけど観光客は多いですね。

珍しくはないですが写真です。(BGMの音量にご注意を)

部屋からの眺め
Yamanami


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.04.12

桜・あんず・白川郷

Takadajousi

 バスツアーで桜、あんずの花めぐりと世界遺産の白川郷を散策してきました。
桜は上田城跡公園(長野県上田市)と高田城址公園(新潟県上越市)
杏はあんずの里(長野県千曲市)。白川郷(岐阜県大野郡)。

 天気は快晴無風、桜もあんずも満開、最高の旅でした。白川郷の合掌造りの民家、タイムスリップしたような懐かしい佇まいです。
これで世界遺産をまた一つ制覇?しました。次は何処か・・・何時か・・・??。

 上手い旅行記は書けませんので写真をご覧ください。
 アルバム
   桜・あんず・花めぐり
   白川郷

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.12.01

初の沖縄3

 沖縄3日目は
 みやげ物や --> 免税店 --> 首里城(世界遺産) --> おきなわワールド --> グラスボート --> 那覇空港より羽田。

Menzei_2
          
みやげ物は何処も同じようなものばっかりですが、値段が違いますね。先に買うと後から安い店が有ったりするとがっがりですが逆もありですね。
免税店は有名ブランドの店がたくさんありますが、特に興味がないと云うか、高くて買えませんです。皆さんそうらしく、時間を持て余してました。              

Syurijo_mon

Syurijo

今回のメインである首里城も観光客が多いこと。首里城正殿までは幾つかの石門を抜けて辿りつけます。
守礼門(しゅれいもん)、歓会門(かんかいもん)、瑞泉門(ずいせんもん)、漏刻門(ろうこくもん)、廣福門(こうふくもん)、奉神門(ほうしんもん)とあるのですが漏刻門は通ったか?です。城壁や城門で簡単には攻め入れない様に出来ているんですね。
首里城正殿は琉球王国最大の建造物と云われ、壁等の彩色塗装や装飾品、国王の象徴、国の守護神としての龍などが建物に使われています。格式高いと実感します。

Wld_bout

沖縄ワールドの鍾乳洞は約30万年前に出来たという事です。それ以来、壊れる事なくて鍾乳石が成長し続けている訳ですが、自分が入ってる時に壊れるのではないかと不安になるのは私だけかな・・・。
地上では琉球王朝の歴史や文化を体験できるテーマパークとなってます。

グラスボートは船底が透明アクリル?にしてあり、サンゴ礁やきれいな熱帯魚が見れるようになってます。ちょっと時間が短かったですね。船長は毎日の事で、飽きてるようでした。

と云うことで那覇空港へ。

凝縮した3日間で、何処に行ったかもう忘れそうです。復習の意味で書きましたが、詳しくはネット検索して下さい。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.30

初の沖縄2

Jinbei

 沖縄2日目は
 ナゴパイナップルパーク --> 琉宮城・蝶々園 --> 美ら海水族館 --> 座喜味城跡(世界遺産)--> 黒糖工場 --> 琉球村 --> ホテル(那覇市内)へ。

Pineapple

Tyoutyouen
蝶々園ではたくさんのオオゴマダラが乱舞しておりました。この時期は種類が少ないのか3種類しか見つけられませんでした。                 

Suizokukan_2

美ら海水族館の駐車場には大型バスが数十台並んでいて大変賑わっていました。ここも修学旅行生の多いこと。ここは海洋博公園内に有って公園は無料。それでイルカショーも見れるのはグ~です。
水族館の巨大アクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmと云う事で、そこを7mを越えるジンベイサメやマンタがゆったりと泳いでいる姿は迫力があります。

Zakimi

座喜味城跡、2000年12月2日に世界遺産に登録されたとの事。詳しくはネットで。        
        

Kokutou

黒糖工場、サトウキビを圧搾機で搾って、アクなどの取り除きながら煮詰めて黒糖を作るようです。試食しました。甘~い!。ちょっと古い。                                

Ryukyumura

琉球村には入らず、近くを散策し沖縄らしい植物など探してました。途中、ハブが居そうな場所もあり怖かったです。実際どんな場所に居るのかは知りませんが。

3日目は首里城へ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.29

初の沖縄

Jal903
 初めて沖縄に行って来ました。日本の世界遺産を全て巡ってみたいという遠大?な計画があるのですが、まだ幾つも指が折れません。何時になるやらです。
いつもながらの激安ツアー(2泊3日)です。

1日目は沖縄伝統工芸館(琉球の館)--> ひめゆりの塔 --> 琉球ガラス村 --> 平和祈念公園 --> 万座毛 --> ホテルへ。

各場所の詳しいことは省略して、写真のみアップしました。天気が悪く、ほとんど曇りでしたので沖縄らしい空が見れませんでした残念。

2日目は美ら海水族館・・・つづく
写真の配置がうまくいきませんsri。
Ryukyunoyakata

Himeyuri

Heiwakinen

Grass

Manzamou

Hotel1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.04.24

縄文杉を見に(3)

Yakusugiland 3日目/4月22日(日)最終日
 今日はバスで観光。途中、ヤクザルに会えた。本土のサルより少し小さいとのこと。ヤクスギランド、紀元杉、千尋(せんぴろ)の滝、大川(おおこ)の滝、屋久杉自然館を巡った。
Yakuzaru

Taki
 そして最後はお土産屋に立寄って、屋久島らしい土産を探して買った。屋久杉を加工して作った土産品は高い!。でも記念に安めのカップルカップを買ってしまった。土産屋を後にし屋久島空港へ。
 空港に着くと鹿児島空港の天候不良のため出発が未定のアナウスが有り、また欠航になるのか・・という不安で「エ~!」声が飛び交う。暫くすると間もなく出発するというアナウスでホッとした。結局30分遅れで離陸。機材は例のもの、心配ではあったがプロペラ機に乗るのは初めてだったので納得した。鹿児島空港で乗換えて羽田へ。自宅着は午前0時を少し過ぎていた。

Kigensugi

Sizenkan

Kukou

今回乗った飛行機は B777-300、Q400 DHC-8402 (DH4)、A300-600R。飛行機は乗るのは怖いが見るのは大好きだ。
縄文杉は3000年前から自然のまま現在まで変わらず生きている巨体、飛行機は現代の最先端技術を尽くして作った巨体、どちらも好きだな。

以上。屋久島・縄文杉を見にはEND
読みづらい文で失礼。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧